モテ向上ブログ BLOG
2022.9.14 モテる男性 モテる男性が実践中のメールの送り方!女性の心理を巧みに読む法則

気になる女性に対して、どのようなメール何を送っていいのかわからない男性は多いのではないでしょうか?

 

例えば、業務報告のようになってしまったり、女性に共感する方法がわからなかったり……。女性に比べて、メールが苦手な男性が多いように感じます。

 

理由としては、女性はなんとなくメールができるのに対して、男性は結論がない話をするのが苦手だからです。しかし、モテる男性はメールでも女性の気持ちをしっかりと考えてやりとりをしています。

 

それでは、モテる男性になるためには、どのようなメール方法を心がけたら良いのでしょうか?

 

この記事では、モテる男性がメールで実践する、女性の心理を巧みに読む14の法則について徹底解説いたします。メールが苦手という男性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

テク子さん
テク子さん
メッセージでもドキドキワクワクしたいわね。
モテる君
モテる君
メッセージに役立つ女性の心理を見ていこう。

 

この婚活ブログで学べること

✔モテる男性がやっているメールの送り方

✔メールで女性の心をつかむ方法

✔メールからデートにつなげる秘訣

 

モテる男性が実践しているメールの送り方!女性の心理を巧みに読む法則

 

モテる男性は、意図的に女性から好かれるようなメールを考えて、女性からの評価を得ています。対面での会話と違って、メールやLINEは送信するまでに考える時間が用意されています。

 

だからこそ、女性から好印象を持ってもらうために、メールを送るときは工夫が必要です。

 

それでは、モテる男性が実践しているメール術について見ていきましょう。

 

1.マメである

 

モテる男性に総じて言えるのは、マメであることです。当然ながらそのマメさはメールやLINEでも顕著に表れます。メールをしたのに返信がないと、女性は不安になります。

 

モテる男性は女性から来たメールやLINEには基本的に気づいたらすぐ返信するのが鉄板です。なぜならメールをマメに返すことで女性に誠実さを伝えることができると知っているからです。

 

もちろん仕事などですぐに返信ができない場合も当然ながら出てきます。そのようなときはその旨を一言添えるようにしましょう。

 

下手な駆け引きはせず素直に見たときに返信をするのを心がけるのが、モテる男性のメール術です。

 

2.たまに突き放す

 

メールはマメに返すことが大切ですが、ときにはメールがしたくない状況も起こるでしょう。仕事の状況や気分によって、マメに連絡できないときです。このときに上手に突き放すのも必要なテクニックです。

 

一見冷たくあしらっているように見えますが、女性は自分通りにならないときに執着する生き物です。そのため、いつでもメールに付き合ってくれるわけではないことをさりげなく教えましょう。

 

3.メッセージの裏まで読み取る

 

レベルが高いテクニックですが、できれば女性の心がつかめる方法です。

 

例えば、女性から「美味しそうなお店を見つけた」「最近できたカフェがオシャレらしい」というメッセージが届きました。それは、あなたと行きたいという意思表示かもしれません。

 

このとき無反応は男性は「そうなんだね」という返しで終わらせてしまいます。そこを「僕も一緒に行ってみたい」と言えば、進展するかもしれないのですが、この裏を読み取れるでしょうか?

 

また嬉しかったことや悲しかったことなどメッセージがきた場合、アドバイスはせずに、そのままフォローする言葉を返してあげるのがモテる男性の特徴です。

 

女性は自分の話に共感してほしいので、相手の気持ちに答えた言葉を伝えるように心がけましょう。

 

4.朝一のメールは極力しない

 

女性の朝はシャワーやメイク、ヘアセット、着替えなど貴重で無駄にしたくない時間帯です。そのような時間にメールを送られてきても女性の心をざわつかせるだけなので、用事がないときは送らないようにしましょう。

 

朝でも通勤帯や、仕事場について落ち着く時間帯なら問題ありません。このような相手の生活リズムへの配慮もモテる男性への一歩です。

 

5.メールの狙い目は夜ごはんが終わった頃

 

女性にメールをするなら、どの時間がおすすめでしょうか? それは夜ごはんが終わった時間帯です。

 

仕事や学校終わりでお腹が空いて、夜ごはんを食べてすっきりすると、ゆっくりしたくなる時間帯に突入します。そのゆっくりとしている時間があるときにメールをすれば、女性のタイミングで連絡できるので好印象が得られるでしょう。

 

そのときに送ったメールは自然と返信も早くなるので、自然とたくさんやり取りをする時間が増えるのも大きな特徴となります。

 

6.夜のメールにはとことん付き合う

 

夜はゆっくりできるメリットもあるだけでなく、女性が寂しさを感じたり、悩みごとを抱えやすい時間帯でもあります。そのため夜のメールやLINEのやり取りにはとことん付き合ってあげるようにしましょう。

 

女性は親身になってくれる、優しくしてくれる男性に魅力を感じる傾向があります。夜のやり取りの場合、悩みを相談される場合があるでしょう。そのときは上から目線のアドバイスや説教のようなことは絶対にやめましょう。

 

女性の話に興味をもち、悩みに共感してあげることがポイントです。そして翌日の朝は励ましのメールを送ることを心がけましょう。

 

7.自分から送るメールは一日一通まで

 

気になる女性には何回でも連絡を取りたいと思うものです。しかし自分からアプローチをしている場合、送るメールやLINEは一日一通にしましょう。

 

あなたから一日に何度もメールやLINEを送ったり質問メールばかりしていると、女性は面倒だと感じてしまって、あなたに対する気持ちも冷めてしまいます。

 

女性の気になる気持ちを高めるためにも、自分から頻繁に連絡を取るようにするのはやめましょう。もちろん女性から連絡がきて返信する場合には、何通もやり取りして問題ありません。

 

8.癒しメールを心がけている

 

癒しのメールは女性が男性に送るイメージがありますが、そればかりではありません。男性から癒やされるメールが送られてくると、女性も嬉しいものです。

 

あなたが感じている癒しエピソードをそれとなく送っていると、女性との気持ちも縮まるものです。日頃から感性を鍛えて、気になる女性とのメールに活かしてみましょう。

 

9.励ましのメールも大事

 

落ち込んでいる女性に対して応援や励ましメールをしてあげることは、女性にとって嬉しいものです。

 

例えば、仕事から帰ってきて「疲れた」と報告してきた女性に対して、「今日も頑張ったね」「無理しないでね」と相手を褒めた上で心配や励ましをしてみましょう。

 

女性も親しみを感じますし、またあなたに報告したいと思うようになります。

 

10.女性のメールに共感する

 

女性からの連絡には必ず共感するような文章を心がけましょう。女性は自分の愚痴や不満に対して解決策を求めているわけではありません。女性は共感を求めているのです。

 

「私はこういう趣味がある」「こういうことがしたい」と共有し、そのような時間を過ごすことで、女性は自然とあなたと話すことが楽しいと感じられるようになります。

 

このような内容を続けていくと、気が付くとたくさんの時間を共有しているようになり、あなたに対する好感も自然と出てきます。

 

女性からの話に対して、さりげなく合わせて共感してあげられるようなメールをするように心がけましょう。

 

11.適度な絵文字やスタンプを活用する

 

女性とのメールやLINEには、適度な絵文字やスタンプを混ぜた会話をするように心がけましょう。

 

絵文字やスタンプが全くないと「そっけなくて、感情がわからない」と感じてしまう女性も多いです。もちろん、多すぎても「男なのに気持ち悪い」と思われてしまいます。

 

適度に絵文字やスタンプを使用すれば、女性も安心して気持ちを読み取ることができて、メールだとしても居心地の良さを感じてもらえるでしょう。

 

特にスタンプの場合は、クスッと笑いを誘うようなものを送ってみると、お互いの距離を縮めるきっかけになるものです。

 

12.返信は一文プラスしよう

長文メールはNGと紹介しましたが、女性からの相談事やアドバイスが欲しい場合などがあり、どうしても長文になってしまうときがあります。

 

その場合としておすすめなのが、相手の行数にプラス一行して返信してみましょう。同じ分量で返信できれば良いですが、女性は共感を求めているので、仕事のミスに対する連絡をアドバイスで返しても、女性をイライラさせてしまう可能性があります。

 

女性の行数にプラス一行して返信すると、相手に共感しつつ励ましメールも送れます。意識しないと難しいテクニックですが、ぜひ試してみてください。

 

13.楽しませるポジティブな会話

 

共感も大切ですが、それにプラスして、ポジティブなメールも大切です。女性がネガティブ連発だと、共感するのも疲れてしまいます。メールでは、お互いの趣味や好きなものについて話すようにしてみましょう。

 

会っていなくても、メールだけで元気をもらえる男性は好印象なのです。

 

14.女性に関心を示す相槌をする

女性が自分の好きなことに興味を持ってくれるのは嬉しいものです。それはあなたも同じ気持ちでしょう。

 

これを応用して、もし女性の話に興味がなくても「興味あるからもっと知りたい」「楽しそうだから教えて!」と大人の対応をするのも紳士の優しさです。

 

もちろん、自分が知らないことを知れるチャンスであり、知識にもなるでしょう。女性に興味がある、関心がある、と思わせることは、後々良い影響を与える結果になるのです。

 

メールだけで女性の心を大きく動かそうとしないこと

 

上記15個について徹底解説いたしました。男性のあなたは、いくつ実践できていたでしょうか?

 

実践できている人も、できていない人も、最後に肝心のアドバイスをします。それは、モテる男性はメールだけで勝負しようしていないことです。

 

メールはただ単に女性と仲良くなったり、予定を聞いたりする場として利用するのであって、決して女性を好きにさせようとするツールではありません。

 

女性はメールだけで誰かに恋することはありませんし、メールがきっかけで「惚れちゃった!」という展開は、映画や漫画の見過ぎでしょう。

 

あくまで、勝負は実際に「デート」してるときなのです。モテる男性はその大前提を理解しているので、メールだけで大きく関係性を変えようとしないのです。

 

心から女性を惚れさせるためには、ケースバイケースで上手にツールを使いこなします。ぜひ今回のブログを参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

 

のんびりくつろいでいるのに、なんか男からメールがきた。私の邪魔をしない時間帯に送ってくれないかしら……。

「モテる男性が実践しているメールの送り方!女性の心理を巧みに読む法則」はいかがでしたか?

 

ただやみくもにメールを送れば良いのではなく、女性への気遣いができればモテる男性になります。毎日相手のペースに合わせる必要はありませんが、やはりマメな男性がモテる傾向にありますので、メールが苦手な男性も少し意識してみてください。

 

メールで好印象を得て、デートのときに最大限の力を発揮していきましょうね。

 

あなたの理想の出会いの実現に向けて『モテック大学校』が応援しています。

阿部伸太郎
モテック大学校代表・婚活WEBライター・スイーツ評論家(見ただけで味がわかる)
1987年2月8日、大阪府枚方市生まれ。地元は静岡県富士市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。
恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
婚活に悩む人の助けになろうと、ラポールアンカーを起業。
それから婚活だけでなく、恋愛や人生全般に困っている人向けの『モテック大学校』を創設。
各地で恋愛、結婚相談を行っている。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。

モテック大学校

Copyright © motec.com All rights reserved.