モテ向上ブログ BLOG
2023.1.14 モテる女性 モテない女性は会話で嫌われる!非モテ女性の言動16選

男性と話しているとき、急に素っ気なくされたり嫌な顔をされた経験はありませんか?

 

女性が何気なく言ったセリフが、繊細な男性を嫌な気持ちにさせているかもしれません。会話は生活の中で、必要不可欠なものです。だからこそ、常日頃から意識して会話をすることで、モテにつながっていきます。

 

それでは、男性から嫌われる会話には、どのような言動があるのでしょうか?

 

この記事では、男性が敬遠する非モテ女性の言動16選について徹底解説いたします。会話が上手くいかないという女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

モテる君
モテる君
モテない女性の話し方ってどんな特徴があるのかな?
テク子さん
テク子さん
嫌われる女性の特徴を見ていこう。

 

この婚活ブログで学べること

✔会話して嫌われる女性の特徴

✔男性が敬遠する女性の話し方

✔男性にモテる話し方に改善する方法

 

モテない女性は会話で嫌われる!男性が敬遠する非モテ女性の言動16選

 

実はモテない女性は会話の端々に感じる言葉選びで、男性から敬遠されています。今までの口癖や喋り方を思い返したときに、モテない女性は、きっとどこかで粗相しているものです。

 

それでは、モテない女性に共通する、男性から嫌われる話し方について見ていきましょう。一つでも当てはまるものがあれば、今すぐ直すように気をつけましょうね。

 

1.とにかく悪口や文句が多い

 

こっそりと人の悪口をいう女性は「俺のことも愚痴ってそうだな」と苦手意識を持たれてしまいます。やたら悪口や文句ばかり言っていると、どんなにタイプの女性でも「恋愛対象にならない」という声が目立ちます。

 

悪口を言えば言うほど非モテになります。人の良いところを褒める性格美人と一緒にいたいものです。

 

悪口を言いたくなったらお口チャックで、他の言葉に変換する癖を身につけましょう。

 

2.ネガティブ発言が目立つ

 

自分に自信がなくてネガティブな発言ばかりする女性は「面倒くさい」と思われてしまいます。

「どうせ私は……」とマイナス発言が多いと「フォローするのが疲れる」とゲンナリされてしまうでしょう。

 

男性は、できるだけポジティブな発言をする女性に惹かれるものです。一緒にいて暗い気持ちになってしまう女性とは、できるだけ距離を置きたいというのが男性の本音です。

 

仕事で疲れている男性に、一言元気の出るような言葉をかけられるほどの余裕を持ちましょう。

 

 3.言葉遣いが悪い

 

言葉遣いが汚い女性も「友達にはなれるけれど、恋愛対象外」というのが男性の本音です。

 

男のような言葉遣いで「すげー」「やべー」という言い方をする女性に色気は感じません。男性はやはり上品な言葉遣いをする女性に対してドキッとするもものです。

 

流行り言葉も「できれば使わないほうがいい」という声もあります。気になる彼の前では、できるだけ上品な言葉を口にしましょう。

 

4.男性の意見をすぐに否定する

男性は女性をリードしていきたいと思う傾向があり、特に30代や40代になると自分のプライドを大切に考えます。

 

そのため、男性の意見をすぐに否定する女性とは付き合いにくく、皮肉なことに美人の女性の場合はなおさら嫌われてしまうのです。

 

この場合、女性の自信過剰の要因がルックスにあると解釈する男性が多く、「美人だからって偉そうに……」と不満を生じさせてしまいます。

 

男性の話をゆっくり聞けるゆとりを見せましょう。

 

5.男性とすぐに張り合う、論破する

 

男女平等の社会になったといっても、やはり男性は女性に対して一歩優位に立っていたいものです。

 

「私が正解」とばかりに何事も論破しようとする女性だと、一緒にいても居心地が悪く、可愛げを感じないものです。正論をぶつけてくる女性より、一歩引いて褒めてくれる女性に可愛らしさを感じます。

 

会話には共感の気持ちを大切に、男性の意見に寄り添う心がけをしましょう。

 

6.何かとねちっこく、いつまでも引きずる

 

過ぎたことをいつまでも引きずる会話は、男性の負担にしかなりません。モテない一つの要因となります。

「神経質で接しにくい女性」「面倒くさい人」と思われると、なかなか好印象を取り戻しにくいです。

 

さっぱりした会話を心がけ、一緒にいて楽しいと思われる明るく前向きな発言をしましょう。

 

7.男性が反応に困るセリフばかり言う

 

例えば、「私、可愛くないから」「スタイルの良い女性がいいよね」など、男性に責任をぶつけてくる女性がいます。多少なら誰でも言うことはあるものです。

 

しかし、男性を試すようなセリフばかり口にしていると、男性も対応に困ってしまいます。女性のあなたは、自分のコンプレックスを否定させたくて言っているのかもしれませんが、それは男性もわかっています。

 

自虐ネタはほどほどにして、別な楽しい話題を考えましょう。

 

8.白か黒でしか物事を考えられない

 

断定的な考え方のオンパレードでは、それが正論だとしても、聞かされる男性はぐったりと疲れてしまうことがあります。

「私はこうだから、あなたもこうして!それが正しいから」と言わんばかりに、主張を繰り広げる女性には、柔軟性が足りません。

 

会話中は正しさよりも感じの良さが、最終的に勝つことがあります。柔和さを取り入れることで、ゆとりがある優しい女性に見せましょう。

 

9.都合が悪くなるとキレて被害者ヅラをする

 

自分が優位のときは機嫌がいいのに、不利になったり不都合だと感じるとすぐ不機嫌になり、感情的になって怒り出す……。

 

そのようなヒステリックな女性になっていないでしょうか? 仕事でも被害者ぶる女性は多く、同僚も困り果てている場面に出くわすことがあります。

 

都合が悪くなったときこそ笑顔と冷静さを大切に。女性としての柔らかさを見せましょう。

 

10.謙虚さがなく図々しい

 

発言も態度も図々しいタイプの女性はモテません。例えば、デートで男性に食事をおごってもらうことを当然とする発言や、現にご馳走してもらえなかったときの愚痴など、男性は敏感に感じるものがあります。

 

不遜な発言は人間性を疑われます。

「謙虚な態度を心がける」だけで、とても良い印象を与えます。

 

何事も男性に全て任せたりするのではなく、持ちつ持たれつの関係を大切にしましょう。たとえ関係性が浅かったとしても、それがきっかけで絆が深まることがあるのです。

 

11.人によって発言が違いすぎる

好きな相手には優しい言葉で接するのに、気のない相手には異常に冷たい……。そのような女性は周りにもいるはずです。

 

相手によって言葉遣いを激しく変えるのは、男女関係なく嫌なものです。そして案外、そのような言葉遣いは見られているものです。

 

八方美人になる必要はありませんが、失礼な態度には気をつけましょう。

 

12.男性をスペックで評価している発言をする

 

男性を見るときの判断基準が、学歴や収入、職業など、スペックにこだわりがありすぎる女性がいます。

 

それをあからさまに引き出して「年収1,000万円以下の男性はお断り」などと当然のような発言する女性は、間違いなく嫌われます。もちろん、年収1,000万円以上の男性と出会ったとしても、認めてもらえるわけがありません。

 

ハイスペック男性を狙うためには、まず言葉選びから考えないといけないのです。

 

自分のスペック評価が、逆にご縁を遠ざけていることを理解しましょうね。

 

13.自分の話ばかりする

 

話す頻度が、明らかにあなたの方が多い場合は注意が必要です。真剣にあなたの話を楽しそうに聞いてくれていたら良いですが、男性は興味ない話を聞かされているかもしれない、という危機感を持つことも大切です。

 

人間は誰しも、自分の話を聞いてもらうのが好きです。相手の話を上手に聞いてあげると、「この子と話すのは楽しい!」と感じてもらえます。

 

14.会話の距離感がおかしい

 

知り合ったばかりなのに発言が砕けすぎていたり、やけに馴れ馴れしい女性になっていませんか?

 

一方的に距離を詰め過ぎると、男性は違和感を感じたり一歩引いてしまいます。もし、あなたが仲良く接しているつもりでも、相手が楽しそうにしていなければ、急接近しすぎていることが原因かもしれません。

 

一歩距離を離して、様子を見てみましょう。

 

15.空気が読めない発言

 

楽しい雰囲気をぶち壊すような発言ばかりする、人の気持ちを考えない言動が多いなど、空気が読めない女性はモテません。配慮や想像力の足りない子どもっぽさに幻滅してしまう男性が多いからです。

 

空気が読めない女性の特徴として「天然」と呼ばれるタイプもいます。天然や不思議ちゃんはモテるケースもありますが、大人になればだんだんモテない理由になることが増えていきます。

 

大人の女性の魅力を、今一度考えてみましょうね。

 

16.無口で表情が硬い

 

笑顔がなく口数も少なすぎると女性は、男性と親しくなるのが難しいです。発言に問題はなかったとしても、そもそも会話量が少なければ、なかなか親しい仲には発展しにくいでしょう。

 

口数が少なく表情が硬いと、怒っているのか、嫌われているのか、何を考えているかわからないので、モテない原因になります。人見知りなど理由があるのかもしれませんが、あまりにしゃべらない、笑顔もないのでは男性も近寄りがたく感じてしまうのです。

 

口数の少ない女性は、笑顔を大切に接してみましょう。

 

女性特有のガザツな発言を直す方法

 

「私はサバサバしているから、上品な印象ではなくてもいいの……」と、自分の言葉遣いを肯定化している女性はいませんか?

 

よく誤解しがちなのが「クール」と「ガサツ」を勘違いしている女性です。

「自分はクールだから」と思っている女性でも、言葉遣いや声の大きさ、所作に品や女性らしさが全くないと、異性として意識されません。

 

  • 言葉遣いが荒い(例「マジで」「ヤバい」)
  • 男っぽい話し方(例:「~かよ」「~してんじゃねぇよ」)
  • 周りが振り返るくらい声が大きい
  • 無礼講な発言が多い

こういう女性はノリが良くて、明るい人が多いかもしれません。しかし、モテる女性になるためには、女性らしさを上手く取り入れることがモテる近道です。

 

ノリの良さの中にも、女性らしさを意識して以下のように意識してみましょう。

  • きれいな言葉遣い
  • 女性らしい話し方
  • 場をわきまえた声量
  • 相手を傷つけない、気遣いある発言

大人の女性としての振りまいができるほど、モテ効果は抜群です。日頃から言葉遣いに気をつけていればすぐに自然に話せるようになります。

 

まとめ

 

ねー! 今さっきすごく良いことあったんだよ。ちょっと私の感動秘話を聞いてほしいから30時間くらい付き合ってくれる?

「モテない女性は会話で嫌われる!男性が敬遠する非モテ女性の言動16選」はいかがでしたか?

 

今まで何気なく使ってた言葉遣いも、実は男性からの印象は良くなかったという場合もありますので、意識して直していきましょう。せっかく良い雰囲気になっても、女性からふと出た言葉に男性が興ざめしてしまう……それは避けたいですね。

 

おすすめは自分が自分がというよりも、相手の話を聞いて男性を立ててあげることです。会話や言葉遣いは意識するだけで変えられます。

 

印象も大きく変わりますので、モテる女性になるために、今までの自分を見直してみてくださいね。

 

あなたの理想の出会いの実現に向けて『モテック大学校』が応援しています。

阿部伸太郎
モテック大学校代表・婚活WEBライター・スイーツ評論家(見ただけで味がわかる)
1987年2月8日、大阪府枚方市生まれ。地元は静岡県富士市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。
恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
婚活に悩む人の助けになろうと、ラポールアンカーを起業。
それから婚活だけでなく、恋愛や人生全般に困っている人向けの『モテック大学校』を創設。
各地で恋愛、結婚相談を行っている。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。

モテック大学校

Copyright © motec.com All rights reserved.